マッチ建築設計事務所

Work flow

1.お問い合わせ まずは、お問い合わせフォームまたはお電話にて、ご連絡ください。  

2.ご相談・顔合わせ 物件について、土地、規模、内容、時期的なことをお聞きします。どんな事でも遠慮せずにご相談ください。
できる限りお客様のご希望に沿ってご相談させて頂きます。
ここまで料金の発生はありません

3.プレゼンテーション / 現地調査 お聞きした内容をもとに、第一回目のプレゼンテーションを行います。基本的には、平面図とイメージ、パースでのご提案になります。同時に物件に対する設計料の提示も致します。 提案後、依頼の是非を決定して頂きます。
設計監理契約に至らなかった場合のみプレゼンテーション料として5万円を頂きます。
4.設計監理契約 上記プレゼンテーションに満足し、今後もプランを進めていく事を決定して頂けたら、弊社と設計監理契約を締結します。 お支払:第一回設計監理料(着手金)
総額の20%
5.基本設計 プレゼンテーションでの内容を基に、基本計画を決定してきます。
またお客様のご希望に沿うために何度も案を修正変更し、お打ち合わせを重ねます。
 
6.実施設計 基本設計に基づいて、構造設計、設備設計を含めた総合的かつ詳細な設計を行っていきます。
図面は仕様書、面積表、配置図、外部・内部仕上表、平面図、立面図、断面図、断面詳細図、天井伏図、建具表、展開図、家具図、雑詳細図、外構図、構造図、電気設備図、給排水設備図、空調設備図などを作成していきます。
また、構造計算の必要な規模及び構造体の場合、別途構造計算報告書など、確認申請に必要な設計図書を作成します。
 
7.実施設計図確認、納品 実施設計図面の各図面についてご説明をします。
各種材料の色、種類、家具の詳細の仕様、設備類のメーカー・グレード、等細部にわたり説明させていただきます。
 
8.入札 実施設計図面を基に、建築業者に見積もりをして頂きます。
ご要望のない限りこちらで複数社選定し、競争見積もりを行います。
その後提出された見積もりが予算内であるか、その金額が適切であるかを確認します。
予算を超える場合は設計変更を含めて調整してきます。
お支払:第二回設計監理料
(確認申請許可時)
総額の30%
9.工事請負契約 工事金額の決定後、施工業者と 工事請負契約を締結して頂きます。
ここで、工事金額の支払いの時期と割合を話し合いの上決定します。
 
10.工事監理 工事期間中、現場の工事が設計図通りに行われているか、細かな納まりの指示、仕上げ材料のサンプル、色のチェックを現場に対して行っていきます。 お支払:第三回設計監理料(上棟時もしくは中間検査時)
総額の30%
11.竣工・引渡し 引渡しの前に、クライアント立会のもと弊社で入念な仕上がりチェックをします。検査後の手直し工事完了ののち、引渡しです。 お支払:第四回設計監理料(竣工時もしくは完了検査終了時)総額の20%
12.アフターメンテナンス 竣工後、不都合があれば、施工業者と共にアフターメンテナンスを行います。